logo

PCからiPad/iPhoneへ「印刷」で文書を配信--「RICOH TAMAGO Handouts」

坂本純子 (編集部)2014年04月09日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは4月9日、PCから文書を印刷する時と同様の操作で、iPad/iPhoneに文書を配付できる資料配付アプリ「RICOH TAMAGO Handouts」の提供を開始したと発表した。

専用印刷ドライバ+配信アプリで一斉配信
専用印刷ドライバ+配信アプリで一斉配信

 使用しているさまざまなPCソフトから文書を配付する際、プリンタの代わりに登録済みのiPad/iPhoneを指定する。「印刷」するような感覚で、Wi-Fi経由で簡単に複数台に送信できるしくみだ。

 会議などの際に、配付する文書を必要部数印刷し、手渡ししていた時間や手間、コストを削減できるとしている。

システム構成
システム構成

 このサービスは、PC側にインストールする印刷ドライバ「RICOH TAMAGO e-Distribution」と配信アプリ「RICOH TAMAGO PassIt」、iPad/iPhone側にインストールする「RICOH TAMAGO Handouts」の3つから構成される。

 iPad/iPhoneへの登録は極めてシンプルで、PC側の「RICOH TAMAGO PassIt」から発行されるQRコードを配付先のiPad/iPhoneで一度読み込むだけで完了する。いずれも料金は無料だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]