logo

写真&パノラマで楽しむ日本初・世界初の電化製品--東芝未来科学館から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年1月31日、ラゾーナ川崎東芝ビルに東芝未来科学館がオープンした。歴史資料展示のみならず、最新技術を誰もが予約なしで無料体験できるスポットだ。

 下記は東芝未来科学館を疑似体験できるパノラマコンテンツだ。マウスやタッチパッドで操作できる。

 東芝の歴史と日本近代科学技術の歩みが見られる「ヒストリーゾーン」から、3つのスポットに分けて紹介する。

日本初・世界初の電化製品を振り返る--家電・AV機器編:東芝未来科学館から

  • 14インチ白黒テレビ14EK。昭和33年(1958年)

  • 昭和34年(1959年)に登場したゆで卵器「BC-301」

  • 昭和35年(1960年)に登場した日本初のカラーテレビ

→続きはこちらから

世界初の日本語ワープロ、懐かしの「J-3100」--日本初・世界初の電化製品を振り返る
  • 日本初のラップトップPC、J-3100(写真左)と世界初のノートPC、DynaBook J-3100SS-001(写真右)

  • ワイヤードットインパクトプリンタ

  • 世界初の日本語ワードプロセッサ「JW-10」、昭和53年(1978年)

→続きはこちらから

日本初・世界初の電化製品を振り返る--電球編:東芝未来科学館から
  • 日本初の三極真空管(オージオンバルブ)、大正6年(1917年)

  • 世界初の二重コイル電球、大正10年(1921年)

  • LED照明 「E-CORE」平成18年(2006年)

→続きはこちらから

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]