logo

アップル、中国でTD-LTE対応「iPad Air」と「iPad mini」を発売

Aloysius Low (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2014年04月02日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国在住で、所有する「iPad Air」や「iPad mini」で4Gを体験できないユーザーに朗報だ。両タブレットのTD-LTEモデルが発売されたのだ。

 このiPad AirとiPad miniは、それぞれ異なるモデル番号(A1476とA1491)が与えられ、いずれもChina Mobile(中国移動通信)の4Gネットワークに対応するよう設計されている。

 どちらのTD-LTE版も、中国で現行モデル(実際には世界共通モデルで、世界中のほとんどのLTEネットワークに対応予定)と平行して販売される。TD-LTE版16Gバイトモデルの価格は、iPad AirがおよびiPad miniの現行モデルと同じで、それぞれ4488元(約772ドル)と3788元(約610ドル)からとなる。

 TD-LTE版のiPad AirおよびiPad miniは、中国の外では3Gネットワークに接続できるが、(同じ周波数帯のTD-LTEを利用する場合を除き)4Gネットワークには接続できない可能性が高い。現在中国で休暇を過ごしていて、Apple製タブレットを買って帰ろうと思っている人は、モデル選びで失敗しないよう注意が必要だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]