logo

BlackBerry、第4四半期決算で4億2300万ドルの損失--「BlackBerry 10」の普及も進まず

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年03月29日 11時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BlackBerryは、最新の「BlackBerry 10」プラットフォームを消費者に普及させる取り組みで苦戦を続けている。

 不振が続くスマートフォンメーカーのBlackBerryが米国時間3月28日に発表した2014年度第4四半期決算(3月1日締め)は、4億2300万ドル(1株当たり80セント)の損失という結果だった。これは、9800万ドル(1株当たり19セント)の利益を上げた前年同期と比べて大きな落ち込みだ。特別費目を除外した調整後の数値でも、4200万ドル(1株当たり8セント)の損失となる。

 売り上げは、前年同期比で64%減となる9億7600万ドルだった。

 Thomson Reutersによれば、アナリストらの平均予測は、損失が1株当たり55セント、売り上げが11億ドルだったという。

 BlackBerryは、第4四半期に340万台のBlackBerryを顧客に対して販売したが、最新OSのBlackBerry 10を搭載した端末は110万台に過ぎなかった。新興市場では、古い「BlackBerry 7」を搭載したデバイスが今でも人気だ。また、第4四半期のハードウェアの売り上げは130万台分のBlackBerryスマートフォンから得られたものだが、これも第3四半期の190万台から減少したという。

 BlackBerryは現在、メッセージングサービスの「BBM」、組み込みソフトウェア事業の「QNX」、エンタープライズサーバ事業など、まだ力が残っている事業に注力している。同社の最高経営責任者(CEO)であるJohn Chen氏は、BBMが8500万人の月間アクティブユーザーを獲得したとあらためて述べ、優先事項はユーザーベースの拡大だと語った。BlackBerryでは、BBMの収益化を図るアップデートの計画を明らかにしており、最初に取り組むのは、スタンプとスポンサーアカウントによる広告の投稿になる。

2月にMobile World Congressのイベントで話をするBlackBerryのCEOであるJohn Chen氏
2月にMobile World Congressのイベントで話をするBlackBerryのCEOであるJohn Chen氏
提供:Brian Bennett/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集