logo

おしゃれな壁掛けカレンダーのようなカレンダーアプリ--「Peek Calendar」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Peek Calendarは、これまでのカレンダーアプリとは、かなり操作方法が異なるアプリだ。斬新なデザインと操作方法は、直感的とは言い難いので、最初にチュートリアルをよく確認することをお勧めする。起動直後は、おしゃれな壁掛けカレンダーのようだ。画面を下向きにスワイプすると、過去のカレンダーを画面を上向きにスワイプすると、今後のカレンダーが表示される。

 今日または予定を見たい日の日付をタップすると、折りたたまれていた紙を広げるようにして、その日の予定一覧が表示される。予定の詳細を確認するには、予定を右にスワイプするだけだ。予定を編集したい場合は、予定をタップする。

  • Peek Calendarの起動直後は、カラフルでおしゃれな卓上カレンダーのよう

  • 日付をタップすると予定の一覧が表示される。予定を右にスワイプすると、予定の詳細が表示される

  • 予定の編集画面。開始時間は長押ししてから画面から指を離して編集、かかる時間は長押ししたままで編集する

 時間の設定の仕方がまた独特だ。開始時間を変更する場合は、時間を長押しすると時間を選択できるようになる。終了時間は、時間を直接指定するのではなく、予定にかかる時間の長さを指定するのだ。時間を長押ししたままにして目的の長さにスライダーを移動させる必要がある。Peek Calendarの中でも、この操作方法は好き嫌いが分かれそうだ。

  • 時間の編集画面。OKは右下のチェックマーク、キャンセルは左下の×アイコンをタップする

  • かかる時間はスライダーをスライドさせて調整

  • 画面の上部に手をかざすと、時間が表示される

 アラームは、5分前、15分前、30分前、1時間前、1日前の5種類から選択する。大ざっぱな感じは否めないので、今後、この時間設定を自分でカスタマイズできるようになるといい。また、場所を入力できるものの、地図と連動していないのは、不便だ。

 テーマは2種類用意されている。画面を右端から左にスワイプすると、メニューバーが表示されるので、下から3番目のアイコンをタップすると表示されるメニューの一番上のアイコンをタップして切り替える。面白いのは、カレンダーの上部に手をかざすと、時計が表示される機能があることだ。テーマの変更などと同じメニューバー上で、この効果のオン・オフを切り替えられる。

  • 画面に右端を左にスワイプするとメニューが表示される

  • 下から2番目のアイコンをタップすると、表示するカレンダーを選択できる

 もう1つの面白い機能として、iPhoneをシェイクすると、今後の予定を表示してくれるはずなのだが、執筆時点ではうまく機能していないようだ。今後のアップデートに期待する。

 Peek Calendarは、デザインやジェスチャーに意欲的な挑戦を含んでいるアプリだが、実用の面からは、決して使いやすいと言えるカレンダーアプリではない。しかし、デスクに置けるおしゃれなカレンダーとして使うとしたらどうだろう。各日の予定が、むやみに人の目に触れない点からも最適だ。デスクのアクセントとして使ってみてはいかがだろうか。

>>Peek Calendarのダウンロードはこちらから

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]