米海軍アクロバット飛行隊「Blue Angels」--写真で見る活動内容 - 2/16

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年03月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 第二次世界大戦の終了後、米海軍作戦部長のChester W. Nimitz大将はBlue Angelsのアイデアを思いつき、曲技飛行チームの結成を命じた。その目的は、米海軍の航空機に対する一般の人々の関心を維持することだ。

 Blue Angelsは1946年6月に、本拠地であるフロリダ州のジャクソンビル海軍航空基地で、Roy "Butch" Voris少佐が先導する「Grumman F6F Hellcat」によって初のデモ飛行を行った。1946年のうちに「Grumman F8F Bearcat」に移行するとともに、有名なダイアモンド形のデルタ編隊飛行を導入している。

 「Blue Angels」という名称は、1946年のニューヨークで、クルーの1人がNew Yorker MagazineでBlue Angelというナイトクラブを偶然目にしたことから命名された。

 2013年12月13日に撮影されたこの写真には、象徴的なデルタ編隊でニューヨークのスカイラインを越えていくBlue Angelsが写っている。

 第二次世界大戦の終了後、米海軍作戦部長のChester W. Nimitz大将はBlue Angelsのアイデアを思いつき、曲技飛行チームの結成を命じた。その目的は、米海軍の航空機に対する一般の人々の関心を維持することだ。

 Blue Angelsは1946年6月に、本拠地であるフロリダ州のジャクソンビル海軍航空基地で、Roy "Butch" Voris少佐が先導する「Grumman F6F Hellcat」によって初のデモ飛行を行った。1946年のうちに「Grumman F8F Bearcat」に移行するとともに、有名なダイアモンド形のデルタ編隊飛行を導入している。

 「Blue Angels」という名称は、1946年のニューヨークで、クルーの1人がNew Yorker MagazineでBlue Angelというナイトクラブを偶然目にしたことから命名された。

 2013年12月13日に撮影されたこの写真には、象徴的なデルタ編隊でニューヨークのスカイラインを越えていくBlue Angelsが写っている。

提供: US Navy photo by Mass Communication Specialist 1st Class Terrence Siren/Released

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]