米海軍アクロバット飛行隊「Blue Angels」--写真で見る活動内容

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年03月29日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ごう音をあげるBlue Angelsの編隊飛行は、飛行高度が高く、密集していて、正確だ。同飛行隊の2014年シーズンが米国時間3月15日、南カリフォルニアのエルセントロ海軍航空基地で始まった。命知らずの飛行士たちはこの基地を冬の間の家と呼ぶ。正式にはUS Navy Flight Demonstration Squadron(米海軍曲技飛行隊)として知られるBlue Angelsにとって、それはうれしい再始動になるだろう。予算削減によって、同隊の曲技飛行は2013年に中止されていたからだ。

 新たに始まったシーズンは、Blue Angelsが曲技飛行を始めて68年目にあたる年だ。米海軍は、2014年の同チームによる曲技飛行の観客数が1500万人近くになると予測している。

 Blue Angelsは1980年代中ごろから「Boeing F/A-18 Hornet」を使用している。曲技飛行中は、機体の最高速度が時速700マイル(時速約1120km)、つまりマッハ1弱に達することもある。

 ごう音をあげるBlue Angelsの編隊飛行は、飛行高度が高く、密集していて、正確だ。同飛行隊の2014年シーズンが米国時間3月15日、南カリフォルニアのエルセントロ海軍航空基地で始まった。命知らずの飛行士たちはこの基地を冬の間の家と呼ぶ。正式にはUS Navy Flight Demonstration Squadron(米海軍曲技飛行隊)として知られるBlue Angelsにとって、それはうれしい再始動になるだろう。予算削減によって、同隊の曲技飛行は2013年に中止されていたからだ。

 新たに始まったシーズンは、Blue Angelsが曲技飛行を始めて68年目にあたる年だ。米海軍は、2014年の同チームによる曲技飛行の観客数が1500万人近くになると予測している。

 Blue Angelsは1980年代中ごろから「Boeing F/A-18 Hornet」を使用している。曲技飛行中は、機体の最高速度が時速700マイル(時速約1120km)、つまりマッハ1弱に達することもある。

提供: Photo by Justin Sullivan/Getty Images

  • このエントリーをはてなブックマークに追加