logo

ボルボ、走行中の路面情報をクラウド経由で共有する実験--北欧諸国で開始

坂本純子 (編集部)2014年03月26日 21時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボルボ・カー・グループは、スウェーデン運輸管理局、ノルウェー道路庁と共同で、ドライバーの安全性を高めるクラウド通信システムの試験を北欧諸国で開始すると発表した。

 ボルボによれば、約50台の試験車両を用意。道路を走行中に、凍結していたり滑りやすい路面を検出したりすると、その情報が携帯電話の通信網を介してボルボのデータベースに送られる。それらの情報は、滑りやすいエリアに近づいている他の車両に対して即座に警告が発せられ、ドライバーは危険な状況を回避できるというもの。警告は、インストルメントパネルにある表示によってドライバーに伝えられるという。

 なお、試験車両は2015年の冬をめどに大幅に増やす方針だ。「われわれの目的は、数年以内にユーザーがこの技術を利用できるようにすること」と説明している。

クラウド通信システムのイメージ
クラウド通信システムのイメージ

-PR-企画特集