「Facebookページ」、一般ユーザーのタイムラインと同様のデザインに変更へ

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年03月11日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間3月10日、デスクトップ版「Facebook Page(Facebookページ)」の見た目を新しくすると発表した。Facebookページはブランドやビジネス、セレブといった公共の団体や著名人向けのプロフィールに相当するものだ。

 今週から展開が開始される新しいデザインのFacebook Pageは、メンバーのプロフィールページに表示されるタイムラインに対して2013年に実施されたデザインの簡略化をモデルにしている。これはFacebook Page上の情報を整理し、独立したカラムに投稿を表示することで、よりすっきりしたエクスペリエンスをもたらすというものだ。なお、左側のカラムには会社の所在地や営業時間、写真といったビジネスに関する情報が表示され、右側のカラムにはFacebook Pageへの投稿がフィードとして表示される。

 デスクトップ版のこの新しいデザインは、2013年におけるモバイル版Facebook Pageに対するデザイン変更がそうであったように、ビジネスに関連する重要な情報をより簡潔なかたちでユーザーに提示することを目的としている。

 従来のFacebook Pageを見やすくしたこのバージョンでは、Facebook Page管理者向けの追加機能も提供されている。これにより管理者は、管理ツールのどこからでも、自社広告のパフォーマンスの概要をチェックできるようになる。

提供:Facebook
提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加