eBay、C・アイカーン氏が推薦した取締役候補者を拒否

Larry Barrett (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年03月11日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Carl Icahn氏がeBayに対し、取締役のMarc Andreessen氏とScott Cook氏の更迭を執拗に求めていた件で、eBayはこれをきっぱりと拒絶した。同社は米国時間3月10日に米証券取引委員会(SEC)に提出した株主総会招集通知の予備資料の中で、両氏と最高経営責任者(CEO)のJohn Donahoe氏、別の取締役のFred Anderson氏を再選するよう株主に促した。

 両取締役の後任として、Icahn Enterprises LPの従業員であるDaniel Ninivaggi氏とJonathan Christodoro氏を推薦していたIcahn氏は、このニュースに反発。株主に再び公開書簡を送り、eBayがPayPal部門の分離を拒否していることと、2009年にAndreessen氏のベンチャーキャピタル企業Andreessen Horowitzを含む投資家グループにSkypeを19億ドルで売却したことを痛烈に批判した。同氏はSkypeの売却について、「時期尚早」で、19億ドルは実際の価値よりも低かったと考えている。

 同氏は公開書簡の中で、「Donahoe氏は無能なのか、怠慢なのか。それとも、もっと悪いことに、人々から尊敬され、大きな権限を持つ取締役の意思に従うという簡単な道を選んでいるだけなのか。すべての株主は、このことについて考えるべきだろう。とにかく、この失敗のせいで、eBayの株主は40億ドル以上の損失を被った」と述べている。

 eBayの独立社外取締役であり、コーポレートガバナンスおよび指名委員会の委員長も務めるRichard Schlosberg氏は、「真剣に検討」した結果、Icahn氏が推薦した2人の人物はいくつかの重要な理由から、好ましくないことがはっきりとしたと述べた。

 Schlosberg氏は株主総会招集通知の予備資料の中で、「慎重に精査した結果、当委員会が一貫して用いてきた基準、特に推薦された人物がいずれも適切な経験や専門知識を持ち合わせていないことを踏まえて、両氏は取締役としての資格を満たしていないと取締役会は結論づけた。さらに、いずれの候補者も取締役兼任に関する取締役会のガバナンスガイドラインに合致していない。両氏とも株式会社4社の取締役を務めているほか、Ninivaggi氏はFederal Mogulの共同最高経営責任者でもある」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加