logo

さまざまなPDFを効率よく管理できる統合ビューア「PDF Pro」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「PDF Pro」は、PDFを効率よく管理できる統合ビューアだ。さまざまな方法でPDFを取り込んで本棚形式で管理でき、内蔵ビューアで表示するのはもちろん、他のPDFビューアに渡してすばやく開き直すことができる。検索機能も強力で、iPhoneでPDFを扱うにあたってのハブ的な役割を任せるにふさわしいアプリだ。

  • ホーム画面。保存されているすべてのPDFが本棚形式で表示される。上2つはフォルダで分類されていることを表している

 PDFを取り込む方法からして多彩だ。iTunes経由での読み込みはもちろん、Dropboxからのダウンロード、さらにWi-Fi経由での直接転送など、さまざまな方法が用意されている。容量の小さいファイルから、スキャンした自炊ファイルのような大きなファイルまで、さまざまなPDFファイルを効率よく転送できる。オンライン上のPDFのURLを指定してダウンロードすることも可能だ。

  • リスト表示した状態。フォルダに入っている場合はそのファイル数を、個別のPDFについてはページ数と容量が表示される

 本アプリに取り込んだPDFファイルは、電子書籍アプリに似た本棚形式で表示される。サムネイルで表示されるため直感的にわかりやすいうえ、タイトルの表示のオン/オフを切り替えられるので、サムネイル上ではそっくりなファイルがあっても見分けがつきやすい。フォルダを使った分類も可能なので、多数のPDFファイルも効率よく管理できる。リスト形式に切り替えることもできるほか、検索機能を使って目的のPDFをすばやく呼び出すことも可能だ。

 内蔵のビューアでは、目次を指定してジャンプしたり、各ページのサムネイルを表示してすばやく移動することも可能だ。さらに他のアプリに渡して開き直すこともできるので、例えば注釈機能を使いたければAdobe Readerに渡したり、本アプリでは対応しない右綴じの自炊ファイルを開く際は別の読書アプリに渡すといった使い方ができる。

 個別の機能だけを見ればほかのアプリにも用意されている場合が多いが、フォルダ分けをはじめとして、多数のファイルを効率的に扱えるよう設計されているのは大きな強みだ。PDFをどのアプリで表示するか迷ったら、とりあえずこのアプリに転送しておき、あとで必要に応じてほかのアプリで開き直すといった、ハブ的な役割を任せるのにふさわしいアプリと言えるだろう。

  • フォルダ内のPDFを表示したところ。サムネイル表示が基本だが、右下のアイコンをタップするとファイル名も表示できる

  • ファイルは自由に分類できる。新規フォルダを作って登録することも可能

  • PDFの追加方法は多彩。iTunesからの追加のほか、Dropboxからのダウンロード、さらにWi-Fi経由での直接転送にも対応する

  • iPhoneのIPアドレスを指定し、Wi-Fi経由でPCから直接転送できる

  • ビューア機能を備えるほか、ほかのPDFビューアで開き直すこともできる

  • これはAdobe Readerで開いたところ

>PDF Proのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集