ビル・ゲイツ氏、世界富豪ランキング1位に復帰--Forbes誌発表

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年03月04日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Forbes誌は米国時間3月3日、毎年恒例の世界富豪ランキングを発表した。同ランキングによると、Bill Gates氏が通信業界の有力者であるCarlos Slim氏を抑え、5年ぶりに世界一の富豪の座に返り咲いた。Gates氏の純資産総額が2013年の670億ドルから760億ドルへと増加した一方、Slim氏の純資産総額は730億ドルから720億ドルに低下した。Microsoftの会長であるGates氏は過去20年の間に15回、同ランキングでトップになっている。

 Forbes誌によると世界には現在、10億ドル以上の資産を持つ億万長者が1645人いるという。そのうちの172人が女性で、492人が米国人だ。これらの億万長者の66%は自らの手で富を築いた一方、13%は相続によるものであり、21%は以前から保有していた財産を増やしたという。

 世界の億万長者ランキングにはIT業界の人物も数多く名を連ねている。Gates氏以外にも、OracleのLarry Ellison氏、GoogleのLarry Page氏とSergey Brin氏、Amazon創設者のJeff Bezos氏、WhatsApp創設者のJan Koum氏とBrian Acton氏、Dropbox最高経営責任者(CEO)のDrew Houston氏など、今回のランキングに入った人物が数多くいる。

 これらすべての億万長者のなかで最も資産を増やしたのはFacebookのCEOのMark Zuckerberg氏だ。同氏の純資産総額は2013年の152億ドルから285億ドルに増加した。また、同じくFacebookの最高執行責任者(COO)Sheryl Sandberg氏とバイスプレジデントのJeff Rothschild氏も今回初めて同ランキングに登場した。

世界富豪ランキングで1位に返り咲いたMicrosoftのBill Gates氏
世界富豪ランキングで1位に返り咲いたMicrosoftのBill Gates氏
提供:CBS

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加