[ブックレビュー]転職10回を経てわかったITの現在--「ITビジネスの原理」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK出版
詳細:単行本(ソフトカバー) / 208ページ / NHK出版 / 価格:1470円 / 著者:尾原 和啓 / 発売日:2014/01/28 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×13.0cm×2.6cm / 重量:0.3 kg
内容:マッキンゼー、リクルート、Google、そして楽天などの企業に勤めてきた著書が語る、ITビジネスの過去、現在、未来。普及期を経て今後のITビジネスはどうなっていくのか。俯瞰的な視点で加えることでわかりやすく解説する。
Amazon.co.jpアソシエイト

 本書ではマッキンゼー、リクルート、Google、そして楽天などの企業に勤めてきた尾原和啓氏が、過去・現在・未来のITビジネスに対して、鋭い洞察と考察を著している。同じように見えて実はまったく違う、あるいは違うように見えるが実は同じというものが、ITビジネスにも多く存在するようだ。そこを見誤らないようにしないと、自らの関わるITビジネスが、今後発展していくのか頭打ちになってしまうのか、大きく変わってしまうことにもなりかねない。

 尾原氏は、Googleから楽天に転職したことで多くの人から不思議がられたようだ。転職の理由は本書で明らかになるが、「なぜか」という説明は、本来なら一言で済んでしまうようなものだ。だが「なぜ、Googleから楽天に転職したことを、皆が不思議がるのか」ということを突き詰めると、ITビジネスそのものの捉え方の違いになるのだろう。ITビジネスがこれまでに築いてきたもの、ネット上で今起きていること、そして今後ITが向かっていく先……。ITビジネスに関する事実と、事実から導き出される予測を、これほど分かりやすく説明してくれる本はほかにないだろう。

 渦中にいると分からなかったことも、一歩外に出て見ると、全体を俯瞰できて分かりやすくなることがある。本書は、ITビジネスにそのような視点をもたらしてくれる。現在、ITによってサービスを作り出す側にいる人はもちろんのこと、そのサービスを使う側の人も目を通しておくべき1冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加