logo

パズドラに“パズル特化”の新ゲーム--「パズドラW」に改名へ

佐藤和也 (編集部)2014年02月20日 20時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは2月20日、「パズドラ2周年記念超絶発表会」を開催し、スマートフォン向けパズルRPG「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)に新ゲームを追加することを発表した。これにともないゲーム名を「パズル&ドラゴンズW」に改題する。発表会では代表取締役社長の森下一喜氏と、パズドラのプロデューサーである山本大介氏が登場し、新ゲームや今後の展開を説明した。

2014年春にパズル特化の新ゲームを追加

  • 森下一喜氏(上)と山本大介氏(下)

 パズル&ドラゴンズWでは、現在配信されているパズドラに、新ゲーム「たまドラモード」が追加され、 1つのアプリで2つのゲームが楽しめる形となっている。

 たまドラモードは、パズドラの3つ並べるとドロップが消えるという基本的なルールは踏襲し、そのアクションパズル部分に特化した内容となっている。パズルの枠は5×6マスから6×6マスへと広がっている。ライフ制ではなく制限時間のあるタイマー制となっており、タイマーが無くなるとゲームオーバーという仕組み。たまドラをフィーチャーし、パズルをクリアすることによってアバターアイテムが取得できる。アバターアイテムを着せ替えることによって発動するスキルを生かして攻略していく。

 なお、課金周りについては、現在のところアバターに課金を設けず、コンティニューやスタミナ回復のみで、課金アイテムの魔法石を使う形を想定しているとのこと。アップデートの時期は2014年春を予定している。

  • 試作段階のタイトル画面。変更になる場合があるが、2つのゲームを選ぶ形となっている

  • ゲーム画面。中央のゲージが徐々に減っていくタイマー制となっている

  • アバターによって発動するスキルが異なる。それらをうまく組み合わせて攻略していく

  • アバターをまとったたまドラ画像

  • (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 

「エヴァンゲリヲン新劇場版」とのコラボが再登場!スマホ版と3DS版の全国大会も開催

 今後のコラボレーション企画としては、2月24日から「エヴァンゲリヲン新劇場版」とのコラボレーションが再登場。ニンテンドー3DS用ソフト「パズドラZ」では、「太鼓の達人」と「神羅万象チョコ」とのコラボが実施される。

  • 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」コラボより、ミサト&AAAヴンダー

  • 究極進化した「アスカ&エヴァ改2号機」

  • 究極進化した「シンジ&カヲル&第13号機・覚醒」

    (C)カラー (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 

  • パズドラZと太鼓の達人がコラボ

  • マクドナルドでハッピーセットを買うと、オリジナルのお楽しみブックがもらえる

    (C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (C)2011 NAMCO BANDAI Games Inc. (C)2013 NAMCO BANDAI Games Inc.

  • 「神羅万象チョコ」ともコラボする

    (C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (C)BANDAI・こどもの館

 このほか、ガンホーグループのゲームタイトルを一堂に会した「ガンホーフェスティバル2014」の開催を発表。5月25日に東京ビッグサイト西館1・2ホールで行われる。

 このなかで、パズドラならびにパズドラZの大会として、「第2回パズドラジャパンカップ」と「パズドラZドラゴンコロシアムカップ」の開催も発表した。それぞれ3月下旬より全国7カ所で地方予選を開催する。

 第2回パズドラジャパンカップについては、大会で使用するダンジョンが入ったアプリ「パズドラチャレンジ」を、3月中旬に配信予定。イベント当日に決勝大会が開催される。

 パズドラZドラゴンコロシアムカップは、イベント当日には関東地区予選が開催され、決勝大会は6月下旬に東京で開催を予定している。それぞれの大会日程や参加資格などは特設サイトにて記載している。

 この日はパズドラ配信から2周年記念日ということで、巨大なたまドラケーキも用意。森下氏は「10周年を迎えられるように、コンテンツのブラッシュアップを行っていく」と意気込みをみせていた。

  • 2周年記念として制作されたたまドラバースデーケーキ

  • 発表会ではアーケード版「パズドラ バトルトーナメント」も紹介。スクウェア・エニックスの運営プロデューサーを努める國澤仁氏(左)と、プロデューサーの門井信樹氏(右)が登壇

  • アーケード版では、モンスターがアニメーションするのが特長ということで、その動きがわかる映像も公開された。稼働は2014年春予定

  • おまけとして、発表会では森下氏が前日に思いついたという「こんなパズドラは嫌だ」と題したスライドも公開。これは「なんか、マスが多い」

  • 「ドロップが指から離れない」

  • 「パズルじゃなくて蹴っちゃう」

-PR-企画特集