logo

PDFに注釈を付けられるiPad向けノートアプリ--「Noteshelf」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ノート作成ウィンドウ。DropboxやboxなどのクラウドストレージからPDFを読み込める

 Noteshelfは、iPadで利用できるノートアプリだ。PDFを読み込んだり書き込んだりできる。ノートの表紙のデザインやノート用紙の罫線の種類を選択して組み合わせることで、自分オリジナルのノートを作成し、リアルな文房具のような楽しみ方ができる。データは、DropboxやEvernoteに書き出して保存できる。

 新しいノートに書き込むには、最初にノートを作成する必要がある。デフォルトの設定で、サッと素早くノートを作成して書き始める場合は「簡易作成」を選択しよう。さまざまな表示や罫線の種類から選択する場合は「ノートをカスタマイズ」を選択する。ノートや表紙の種類を増やすには、ノート棚(NOTESHELF)の左上のアイコンをタップして「Noteshelfストア」に移動しよう。気に入った用紙や表紙を購入できる(無料で提供されているものもある)。

  • ノートや表紙の種類を選択。Noteshelfストアをタップして、デフォルトでインストールされていないデザインを購入できる

  • ノート棚(NOTESHELF)には、無制限でノートを作成できる

  • Noteshelfストアには、無料のものもあるので要チェックだ

  • ペンの色は自分で作成することも可能。カラーパレット右上のハートアイコンをタップすると、外部サイトから色の組み合わせを読み込める

 PDFをNoteshelfに読み込む場合は、Dropbox、box、iTunesからインポートするか、他のアプリから「Open in」機能でNoteshelfを指定して開く。編集画面では、画面最上部にツールバーが表示されており、ペンの種類や色、消しゴムの種類、絵文字や写真などを選択することができる。ペンの色は、カラーパレットから自由に作成することも、COLOURlovers.comから組み合わせを読み込むこともできる。気に入ったペンは「お気に入り」に登録することで、お気に入りパレットから素早く選択できるようになる。

 「誤タッチ防止」機能に対応しており、手の側面などが画面に当たったときには、ノートに何も書き込まれないようできる。誤タッチの防止範囲は、任意に決められる。小さなスペースに書き込む場合は、拡大鏡アイコンをタップすると、ノートの一部が拡大表示されるので、文字や記号を書き込みやすくなる。

 特にPDFに書き込む場合は、この拡大表示機能が便利だ。もちろん指でも書けるが、スタイラスを使うとより書きやすくなる。また、adonit jot Touch/SCRIPTやpogo connectなどの筆圧感知機能が付いたBluetooth対応スタイラスにも対応しているため、これらのスタイラスと併用することによって、より細かい描写が可能だ。

 書き終わったノートをEvernoteやDropboxなどにエクスポートするには、ファインダービューを利用する。ノートの編集画面で、右上角にある二重正方形のアイコンをタップすると、ファインダービューになる。エクスポートしたいページを選択して、画面右下から2番目の矢印アイコンをタップすると、エクスポートファイルの形式(JPEGまたはPDF)と、エクスポート先を選択できる。

 ノートを失わないためにも、こまめにエクスポートすることをお勧めする。iPadノートアプリの書き心地に慣れるまでは、少し戸惑うかもしれない。だが、豊富なテンプレートなども利用しながら使っていくうちに、手放せないアプリになるだろう。

  • 通常のノート以外にも、用途に応じて多数のテンプレートが用意されている。

  • ビジネステンプレートに書き込んだ例。画面右上の拡大鏡のアイコンをタップすると、画面の一部を拡大して書き込むことができる。

  • ファインダービューでノートページを選択し、PDFまたはJPG画像として書き出すことができる。

>>Noteshelf のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPadの記事一覧はこちら

-PR-企画特集