サムスン、5.55インチ画面「GALAXY Note 3 Neo」を発表--6コア搭載

Rich Trenholm (CNET UK) 翻訳校正: 編集部2014年02月01日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンには複数のコア、それもたくさんのコアが必要になっている。幸運にも、サムスンの新端末「GALAXY Note 3 Neo」は6基のコアを搭載する。

 ファブレット「GALAXY Note 3」の派生モデルのNote 3 Neoは、6基のコアを備える。そのうち1.7GHzのコア2基は、グラフィックスを多用するゲームのような負荷の高いタスク向けで、1.3GHzのコア4基は、より単純な日常的なタスク向けとなっている。また、6つのコアは2GバイトのRAMで補強されている。またNote 3 Neoは、「Android 4.3」(開発コード名:「Jelly Bean」)、1280×720ピクセル解像度の5.55インチディスプレイを搭載する。大きさに関しては、148.4×77.4×8.6mmとなっている

 この新型ファブレットは、サムスンがポーランドにおいて発表したものだが、価格や発売日といった詳細は含まれていない。Note 3 Neoは、2月に開催のMobile World Congressで披露されるとみられる。

GALAXY Note 3 Neo
GALAXY Note 3 Neo
提供:Samsung

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加