NTTドコモ決算、純利益は3.3%増--iPhoneで伸びるも、月々サポートで営業減益

坂本純子 (編集部)2014年01月31日 19時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは10月25日、2014年3月期第3四半期(4~12月期)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比0.2%減の3兆3636億円、営業利益は同1.9%減の6887億円、純利益は同3.3%増の4302億円となった。

2014年3月期第3四半期(4~12月期)の連結業績
2014年3月期第3四半期(4~12月期)の連結業績

 スマートフォンの積極的な販売や、「dマーケット」「ドコモサービスパック」といった主要サービスが伸び、営業収入は増加したものの、月々の購入費用を補助する「月々サポート」の影響によりモバイル通信サービス収入が減少したため、営業収益は前年同期比72億円減となっている。dマーケットにおける1人当たりの利用料は、約680円(2013年3月)から約800円(12月)に増加するなど、好調という。

主な財務数値
主な財務数値

 長年期待されてきたiPhoneの販売を2013年9月から開始したことで、「競争力は着実に改善している」とNTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏は自信を見せる。

 第3四半期の端末機器の総販売数は約1607万台で、このうちスマートフォンは約987万台。iPhoneの影響もありスマートフォンの販売数そのものは伸びたものの、全体では前年同期比を下回る。

 これは、iPhone販売直後の在庫不足や、販売チャネルがすぐには整わず全国展開が1カ月遅れたこと、キャリアメールなどの対応が遅れたことなどが影響していると見る。加藤氏は、iPhoneの導入がMNPによる解約率の改善や純増数の改善、パケットARPUの向上に繋がったとしつつも、「もう少し早めに効果を出したかった」とコメントした。

  • 営業収益の状況

  • 純増数は前年同期比2倍に

  • iPhone導入効果で、純増数は10月から上昇

  • MNPによる転出も順調に改善

  • 解約率も3カ月で約0.2ポイント改善

  • スマートフォンの販売数は拡大するも、全体としては販売減

  • スマートフォン利用者は増加。ハイスペックモデルの増加により、LTE比率も向上

  • パケットARPUも上昇トレンド

  • メディアコンテンツ事業などを含む「スマートARPU」も上昇傾向

  • 各ARPUの現状

  • コスト効率化も、年間計画を前倒しすることで推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加