logo

インテル、アプリケーションストア「AppUp Center」を3月に終了へ

Brooke Crothers (CNET News) 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ) 翻訳校正:2014年01月31日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、当初ネットブック向けとして開設し、その後ウルトラブックなどの製品向けに運営していたアプリケーションストア「Intel AppUp Center」を終了する予定だ。

 AppUp Centerは、同サイトに掲載された通知文によると米国時間3月11日に終了するという。

 AppUp Centerには終了の理由について、「AppUpを終了することにより、Intelは次世代のプラットフォーム改革の発展にこれまで以上の力を注げる」と書かれているだけで、それ以上の明確な説明はほとんどない。


Intel AppUp Centerのロゴ
提供:Intel

 よくある質問(FAQ)のコーナーには、「一部のアプリケーションはAppUpクライアントとの通信を必要とするため、2015年5月15日以降はうまく動作しない可能性がある」と書かれている。

 だが、Intelの広報担当者は、米CNETとの短い電話インタビューで、終了の理由について次のようにもう少し詳しく説明した。「市場が変化しており(中略)消費者のニーズが変化しているので、再編成してクラウドベースのサービスに注力しようとしている」

 この広報担当者は、アプリケーションプログラミングインタフェース(API)に言及して「2013年に買収したMasheryとAeponaを通じてAPIに力を注ぐ」と述べた。

 Intelは2010年1月にIntel AppUp Centerを開設した。

 Intelは当初、AppUpは(米国では現在あまり使われない製品分類である)ネットブック向けだと述べていたが、PCやスマートフォン、テレビなどのデバイス向けに移行することを予定していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集