KDDI、国内2カ所目のメガソーラーシステムを稼働--茨城県古河市

藤井涼 (編集部)2014年01月24日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは1月24日、茨城県古河市にあるKDDI八俣送信所の隣接地において、メガソーラーシステムの稼働を開始したことを発表した。敷地面積は約5万7000平方メートル、発電容量は約3300kW、年間推定発電量は約4500MWh。

 同社では環境負荷軽減を目的として、2013年度より国内の社有遊休地を活用して、年間約1万1000MWh(一般家庭約3100世帯分)規模のメガソーラープロジェクトを開始。KDDI八俣送信所は、2013年11月に稼働を開始した茨城県行方市の旧北浦受信所跡地に続いて2カ所目となる。今後は、栃木県小山市のKDDI小山ネットワークセンターでも発電を開始する予定だ。

 KDDIはメガソーラープロジェクトについて「CO2排出量削減への寄与を通して、通信設備の維持・運用などに多くの電力を利用する通信事業者としての責務を果たすとともに、災害などに対応し得る多様な電源調達の確保に向けたノウハウの蓄積などを図っていきます」とコメントしている。


KDDI八俣送信所 隣接地のメガソーラーシステム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加