logo

ソニー、口径12mmなのに16mm相当の新振動板を採用したインナーイヤーヘッドホン

加納恵 (編集部)2014年01月21日 13時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月21日、ヘッドホンの新製品として、高音から低音までバランス良く再生する「MDR-EX450/EX650」(EX450/EX650)と、低音再生を強化した「MDR-XB50/XB70」(XB50/XB70)を発表した。いずれも2月14日に発売する。

 全機種に新開発の振動板を搭載したドライバユニットを採用。口径12mmながら口径16mmドライバと同サイズのドーム面積が確保できるとしている。装着には耳への接触を最小に保ちながら耳の奥まで装着できる「アングルドイヤーピース方式」により、落ちにくい構造にした。

 EX650は真鍮、EX450はアルミニウムを使用したメタルハウジングを採用し、クリアな中高域が再生できるとのこと。両機種ともにドライバユニットに高磁力ネオジウムマグネットを使用することで、振動板が安定して駆動するとしている。

 EX650はブラスブラウンとブラスブラック、EX450はクロムグレー、プラチナホワイト、メタルグリーン、パールゴールドのカラーバリエーションを用意。価格はEX650が9975円、EX450が6195円になる。

  • 「MDR-EX450」

  • 「MDR-EX650」

  • 「MDR-EX650」の装着イメージ

 XB50/XB70は、低域再生を重視しながら中高域をバランス良く再生する。ハウジング上にドライバユニットから鼓膜までの気密を高める「ベースブースター」を設け、こもらずクリアな低音再生を実現。XB70には、切削アルミニウムハウジングを採用し、低域のスムーズなレスポンスとクリアな中高音域を両立できるとしている。

 XB70はブラックとゴールド、XB50はブラック、ホワイト、ブルー、イエローのカラーバリエーションを用意。価格はXB70が8715円、XB50が4935円になる。

  • 「MDR-XB50」

  • 「MDR-XB70」

  • 「MDR-XB70」の装着イメージ

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集