logo

シンプルなiPhone向けランチャーアプリ--「かんたんスタートメニュー Startboard」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Startboardは、非常にシンプルなランチャーだ。iPhoneで基本的な操作を行うのに、いちいちあちらこちらのアプリを選択して起動しなくてもStartboardを起動すれば済む。iPhoneを使い慣れた上級者にとっては物足りないかもしれないが、面倒な操作は煩わしいと感じている人やiPhone初心者にとっては、とても便利なツールだ。

 Startboardを起動すると、やりたいことが大きな文字とアイコンで表示されているのが分かる。「インターネットで検索する」をタップすると、調べたいことの入力画面が表示されるので、キーワード欄に文字列を入力してキーボードの「検索」ボタンをタップすると、Safariが自動的に起動し、Safari上に検索結果が表示される。検索に使用するサイトは、GoogleまたはYahooを設定画面で指定できる。設定画面は、ホーム画面右上に表示される「i」アイコンをタップすると表示される。

  • ホーム画面。やりたいことが大きな文字の文章とアイコンで表示されていて、非常に分かりやすい

  • ホームで「インターネットで検索する」をタップすると表示される画面。調べたいことを入力する場所に、カーソルが置かれているので、すぐに入力できる

 「Twitterでつぶやく」または「Facebookに投稿」をタップすると、文章のみを投稿するか写真を添付するかを確認するメニューが表示される。いずれかを選択すると、iPhoneに登録してあるアカウントを使用してTiwtterまたはFacebookに投稿するための画面が表示される。

  • 「Twitterでつぶやく」または「Facebookに投稿」を選択すると、文章のみを投稿するか、写真も一緒に投稿するか聞かれる。メニューの表現も分かりやすい

  • TwitterとFacebookへの投稿の際は、iPhoneの「設定」に設定してあるアカウントが利用される

 「行き方を調べる」では、ルート検索が簡単に行える。「目的地」ボックスに目的地を入力して、キーボードの「検索」をタップすれば、Google Mapsが起動して、ルートの検索結果が表示される(あらかじめGoogle Mapsをインストールしておく)。また、「予定を入れる」では、カレンダーの予定入力画面が即座に表示されるため、カレンダーを起動してから予定の追加ボタンを押すという手間が省ける。

 「メッセージを送る」機能は、デフォルトでは、SMS/MMSでメッセージを送信できるようになっているが、設定画面で「LINEを使用する」をオンにすると、SMS/MMSのメッセージの代わりにLINEが起動し、LINEの友人にメッセージを送るか、自分のタイムラインに投稿するかを選択できるようになる。仕事でもLINEを使う機会が多い人は、この機能をオンにしておくと便利だ。

  • ルート検索では、目的地を入力すると、Google Mapsが起動し、現在地から目的地までのルートが表示される

  • 設定画面では、広告を削除するための追加機能を購入できるほか、LINEの使用のオン/オフを切り替えたり、ルート検索での交通手段の種別やインターネット検索で利用するサイトを選択できる

 Startboardは、基本的に無料で使用できるが広告が表示される。広告を非表示にしてバッテリの消費を抑え、サクサク動くようにするために有料オプション(執筆時点では100円)が用意されている。よく使う機能が集約されており、やりたいことによってどのアイコンをタップするか迷わなくて済むため、ホーム画面に置いておくと非常に楽だ。

>>かんたんスタートメニュー Startboardのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集