logo

アップルとサムスンのみで68%--2013年Q4米スマホ市場シェア

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年01月17日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleとサムスン電子が米国市場での優位を強めた。

 NPD Groupによる最新の調査結果によると、1、2位にあたる両メーカーのスマートフォンは米国市場で68%のシェアを占めたという。2013年第4四半期、最もシェアを伸ばしたのはAppleの「iPhone」シリーズで、前年同期比7%増となる42%を記録した。サムスンの第4四半期のシェアは26%で、前年同期の22%から拡大した。

 競合他社の多くが第4四半期に後退する中で、Appleとサムスンはシェアを拡大させた。NPDによると、最も多くを失ったのは当然ながらBlackBerryで、シェアは前年同期の3分の1近くに縮小した。BlackBerryのほかにも、MotorolaとHTCがシェアを縮小させた。大手のスマートフォンメーカーのうち、Appleとサムスン以外でシェアを伸ばしたのは、LGだけだった。


米国のスマートフォンユーザーに占めるメーカー別シェア
提供:The NPD Group/Connected Intelligence Connected Home Report

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集