logo

グーグル、スマホ版「Chrome」にデータ使用量を半減できる新機能

藤井涼 (編集部)2014年01月16日 18時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは1月16日、スマートフォン向けウェブブラウザアプリ「Chrome」(iOS/Android)の最新版において、データ使用量を最大50%削減できる新たなデータ圧縮と帯域幅管理機能を公開した。より少ないデータ量でウェブを閲覧できるだけではなく、Chromeのセーフブラウジング技術によってセキュリティも強化されたとしている。

  • 帯域幅管理機能のイメージ

 新機能を適用するには、「設定」から「帯域幅管理」を選択し、「データ使用量を減らす」オプションをオンにする。また、この画面ではChromeのブラウジングで毎月どの程度の帯域幅を軽減できたかも確認できるとのこと。

 このほか、同日よりiOS版のChromeでAndroid版と同様に、ウェブページの翻訳機能を利用できるようになった。 また、Android版ではホーム画面上にお気に入りのウェブサイトへのショートカットを作成できるようになっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]