logo

東芝、昼でも夜でも自動で画質調整する「レグザ S8」シリーズ

加納恵 (編集部)2014年01月16日 16時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「40S8」

 東芝は1月16日、液晶テレビ「REGZA」シリーズに、視聴環境に合わせて画質を自動で調整する「おまかせオートピクチャー」を搭載したS8シリーズを追加した。40V型「40S8」、32V型「32S8」、23V型「23S8」の3サイズをラインアップする。発売は1月下旬から順次。店頭想定価格は40S8が8万5000円前後、32S8が6万円前後、23S8が4万3000円前後になる。

 おまかせオートピクチャーは、昼間の明るい部屋や日没後など、一日のうちに変化する部屋の環境を見極め、テレビが画質をコントロールするというもの。色温度1024段階、ダイナミックガンマ128段階、明るさ100段階の調整項目から、その時々に適した画質に自動調整できるという。

 標準、あざやかのほか「ゲーム」「映画プロ」などの映像メニューも用意。ゲームプレイ時は、ゲームダイレクトを選択すれば、遅延時間の短縮によるスムーズな映像を楽しめる。

 地上、BS、110度CSデジタルチューナを1基搭載し、USB HDDを接続すれば、外出時などに番組を録画しておける「シングルチューナー留守録」に対応。連続ドラマなどは次回以降の放送も連続して録画予約「簡単連ドラ予約」が可能だ。

 本体はベゼル幅を押さえたスリムデザインを採用。HDMI入力端子を2系統備え、HDMI端子またはDVI端子付のパソコンと接続して、パソコンの映像をテレビに映し出すことができる「PCコネクト」もできる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集