音楽サブスクリプションサービス「Beats Music」、米国で1月21日に開設へ

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年01月14日 12時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽業界の巨匠Jimmy Iovine氏が経営するヘッドフォンメーカーBeats Electronicsが、AT&Tと提携し、米国時間1月21日に自社の音楽サブスクリプションサービス「Beats Music」を開始する。

 Beats Musicによると、すべてのサービスを誰でも無料で試用することができるという。また、AT&Tの顧客は無制限の楽曲のストリーミングとダウンロードが利用でき、個人会員向けには3端末を対象に月10ドル、最大5人までの家族会員向けは10端末を対象に月15ドルとなる。「AT&T Family」の顧客は90日間の無料トライアルが利用できるのに対し、個人のAT&Tワイヤレス顧客は最初の30日間が無料で利用できる。

 顧客は楽曲をダウンロードすることで、オフラインのときに楽曲を聴くことが可能になるが、ユーザーの会員登録が終了するとダウンロードも無効となる。

 同社では、「Beats Music」が1月21日より、ほぼすべての主要プラットフォーム上、またはPC上からダウンロード可能としている。同サービスは、「iPhone」「Android」「Windows Mobile」端末に対応する。


Beats Electronicsの最高経営責任者(CEO)、Jimmy Iovine氏
提供:Dan Farber/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加