logo

Evernoteのノートの目次を作れるアプリ「Note Linker」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Note Linker
金額:無料(1月14日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:Takaiwa29
使用端末:Nexus 5
おすすめ度:★★★★☆

 「Note Linker」は、Evernoteのノートの目次を作成できるアプリだ。よく呼び出すノートをまとめて目次を作成しておくことで、毎回キーワードを入れて検索したり、ノートブックやタグから探さなくとも、目的のノートをすばやく呼び出せるようになる。

 アプリを起動すると、「作る」「見る」という2つのタブが表示される。「作る」を選択し、「キーワード」「ノートブック」「タグ」のメニューを使用して、目次に含めたいノートをリストアップする。例えば“見積書”というキーワードを含むノートを束ねた目次を作りたいのであれば、「キーワード」を選んで「見積書」を含むノートを検索し、リストアップされた中から必要なノートを選ぶ。

 その後ウィザードに従って操作していくことで、必要なノートへのリンクがまとまった目次が作成される。アプリのホーム画面で「見る」タブを選択すると、作成された目次の一覧が表示されるので、ここから目的のノートをすばやく呼び出せるというわけだ。目次そのものがひとつのノートになっているので、加筆修正は容易に行える。専用のノートブックを作って、そこに目次を保存していくのがよいだろう。

  • ホーム画面。まず目次を作成するためにノートを検索する。キーワードで検索する以外に、ノートブック、タグから検索することもできる

  • 今回はキーワードからの検索を選択。見積書を束ねた目次を作るために、まずは「見積書」と入力して検索を実行する

  • 「見積書」をキーワードに含むノートがリストアップされた。目次に含めたいノートをタップして選ぶと左端の「+」が「-」になる。選択が終わったら「次へ」をタップ

  • 目次に並べる際の行頭文字を選択する。デフォルトは「●」で、連番をつけることもできる

  • 各ノートに挿入されるバックリンクの内容を指定する。デフォルトではヘッダ部に「戻る」「次へ」、フッタ部に目次へのリンクが追加される

  • バックリンクはほかにもさまざまなフォーマットが用意されている

 また、このアプリの特徴といえるのが、リンクを張った先のノートにバックリンクを自動的に挿入できる点だ。つまりノートに対してリンクを張るだけではなく、ノートからも目次に対してリンクを張ったり、目次に含まれるノート間で行き来するリンクを張ることができるのだ。ノートの数が多いと多少時間はかかるが、挿入は自動的に行われるので、しばらく待っていれば作業は完了する。もちろん、ノートに一切手を加えたくない場合はオフにすることもできる。

 ノートの数が多くなってくると、キーワード検索のスピードも遅くなり、目的のノートを探すのも一苦労になってくる。またタグをつけるにしても、メンテナンスが大変だ。こうした場合、キーワード検索の結果から必要なものだけを選んで目次として保存しておける本アプリは、目的のノートをすばやく呼び出すのに非常に重宝する。Evernoteに大量のノートを保存しているヘビーユーザに特におすすめしたいアプリだ。

  • 最後に目次のタイトルを記入し、保存先のノートブックを選択して完了

  • ホーム画面に戻って「見る」タブに切り替えると、さきほど作成した「見積書一覧」という目次が表示されている。タップすると開くことができる

  • 目次が表示された。さきほど指定したさまざまなノートへのリンクが張られており、タップすれば直接開くことができる。毎回検索しなくともすぐに呼び出せるので便利だ

  • ノートが表示された。上下にバックリンクが挿入されているのが分かる。メニューから「ローカルアプリで開く」を選択すると、Evernoteの純正アプリが起動して表示される

  • 本アプリでバックリンクが挿入される前のノート

  • 本アプリでバックリンクが挿入された後のノート

>>「Note Linker」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集