パナソニック、シンプル&コンパクトを追求した液晶テレビ「VIERA」

加納恵 (編集部)2014年01月08日 14時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「A300」シリーズ

 パナソニックは1月8日、液晶テレビ「VIERA」に、スリムベゼルを採用しコンパクトデザインを実現した「A300」シリーズと、ダブルチューナ内蔵でUSB HDDへの裏録画にも対応する「A320」シリーズを発表した。いずれも1月下旬に発売する。

 A300は50V型「TH-50A300」、39V型「TH-39A300」、32V型「TH-32A300」、24V型「TH-24A300」の4サイズをラインアップ。USB HDDが接続でき、録画にも対応する。搭載している地上、BS、110度CSデジタルチューナは1基のみのため、裏番組録画には対応しない。

  • 「A320」シリーズ

 A320は32V型の「TH-32A320」のみを用意する。地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基内蔵し、USB HDDへの裏番組録画に対応。広視野角のIPSパネルを搭載し、上下左右からもきれいな映像を視聴できる。

 両シリーズともに、USB HDDに録画した番組はLAN経由で接続しているBDレコーダー「DIGA」への高速ダビングが可能。独自の「エコナビ」とLEDバックライトの採用により、省エネ設計になっている。

  • TH-50A300(50V型、店頭想定価格:14万円前後)
  • TH-39A300(39V型、店頭想定価格:8万円前後)
  • TH-32A300(32V型、店頭想定価格:6万円前後)
  • TH-24A300(24V型、店頭想定価格:4万3000円前後)
  • TH-32A320(32V型、店頭想定価格:6万5000円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加