logo

ソニー、壁際に置くだけの4K超短焦点プロジェクタを開発--今夏米国で発売

加納恵 (編集部)2014年01月08日 11時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月8日、壁際に置くだけで、最大147インチの4K映像が視聴できる4K超短焦点プロジェクタを開発したと発表した。2014 International CESにて参考展示されている。

  • 4K超短焦点プロジェクタ

 4K超短焦点プロジェクタはソニー製の0.74型4KSXRDを採用し、光源にはレーザーダイオードを使用。4K解像度に対応し、ソニーが米国で実施している4Kコンテンツサービス「VideoUnlimited 4K」などの4K映像を表示可能だ。画面サイズは66~147インチ。3D映像にも対応する。

  • 壁際に設置できる

 サイズは高さ265mm×幅1100mm×奥行き535mmで、HDMI入力端子4系統、スピーカ端子、USB端子などを装備。リビングルームに自然に溶けこむ家具のようなデザインを採用している。

 ソニーでは、2014年夏までに商品化し、米国にて3~4万ドル程度で販売するとのことだ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集