パナソニックとMozillaが提携--スマートテレビ向け「Firefox OS」開発へ

加納恵 (編集部)2014年01月07日 18時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaとパナソニックは1月7日、次世代スマートテレビ向けオープンプラットフォーム「Firefox OS」の開発推進において、包括的なパートナーシップを締結したと発表した。

 すでにPCやスマートフォンの世界で普及拡大しているHTML5やウェブ技術を用いることでよりオープン化し、次世代スマートテレビの実現を目指す。このソフトウェアプラットフォームではスマートテレビを、クラウドサービスや様々なネットワーク機器で標準的に使用されているHTML5で制御することにより、ハードウェアとネットワーク上のコンテンツの連携を1つのアプリで記述できるようになるとのこと。これにより、アプリ開発者はインターネットや放送コンテンツを利用し、従来にない新しいアプリやサービスを自由に開発できるとのことだ。

 また、組み込みアプリとして実行していた操作メニューや番組ガイドなどのアプリケーションもHTML5で記述するため、スマートフォンやタブレットからも、次世代スマートテレビを簡単に操作できるとしている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加