グーグル、スマホデータの共有サービスBumpを1月末で終了

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 福岡洋一 (ガリレオ)2014年01月04日 10時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleがBumpの幕を引くことになった。写真、連絡先、ファイルの共有サービスであるBumpは、1月末でサービスの提供を終了する。Bumpの最高経営責任者(CEO)で共同創業者のDavid Lieb氏が米国時間12月31日に明らかにした。

 Bumpとその姉妹アプリで写真アルバムを共有する「Flock」は、2013年9月にGoogleに買収された。買収額は公開されなかったが、約3500万ドルとうわさされた。

 Bumpは、2台のスマートフォンを軽くぶつけ合う(バンプ)ことによって接続し、データを交換するサービスだ。AndroidでもiOSでも、近距離通信(NFC)ではなく機器の加速度センサを利用する。NFCはAndroidを稼働する最近の携帯電話やタブレットなら多くの機種に搭載されているが、Appleは「iPhone」にも「iPad」にもまだ採用していない。GoogleがBumpを買収した最大の理由は、同社の画期的な技術と特許だったと考えられる。そのため、Bumpは終了しても、その技術が意外に早く「Google+」などGoogleのほかのサービスに登場することになっても不思議ではない。

 「われわれは現在、Google内の新しいプロジェクトに力を注いでいる」と、Lieb氏はBumpが終了になる理由を説明した。Bumpユーザーは、サービスが停止するまでに、アプリの指示に従ってデータをエクスポートできるようになるという。

Googleは、写真、連絡先、ファイルを共有するBumpとそのユニークな技術の提供を終了するが、それらが他のGoogleサービスに登場することになっても不思議ではない。
Googleは、写真、連絡先、ファイルを共有するBumpとそのユニークな技術の提供を終了するが、それらが他のGoogleサービスに登場することになっても不思議ではない。
提供:Screenshot by Jennifer Van Grove/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加