フォード「Mustang」--デザインの変遷を写真で振り返る

Wayne Cunningham (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年01月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 FordのデザイナーであるPhil Clark氏が「Mustang」のロゴを思いついたのは、1962年に新モデルを開発しているときだった。縦の線は赤色、白色、青色で、Mustangが米国でデザインされたことを示している。疾走するムスタングの記章は、縦線の有無という違いはあるが、同モデルの歴史を通して使用されてきた。

関連記事:フォード「Mustang」--グローバルカーとして再設計の2015年モデル

 FordのデザイナーであるPhil Clark氏が「Mustang」のロゴを思いついたのは、1962年に新モデルを開発しているときだった。縦の線は赤色、白色、青色で、Mustangが米国でデザインされたことを示している。疾走するムスタングの記章は、縦線の有無という違いはあるが、同モデルの歴史を通して使用されてきた。

関連記事:フォード「Mustang」--グローバルカーとして再設計の2015年モデル

提供: Ford

  • このエントリーをはてなブックマークに追加