写真に記録された位置情報をワンタップで削除できるiPhoneアプリ「GeoGone」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GeoGone
価格: 100円(2015年03月13日時点)
おすすめ度:

3.0

  • 開発:NHXHN, LLC
  • カテゴリ:ユーティリティ

 「GeoGone」は、写真に記録された位置情報をワンタップで削除できるアプリだ。TwitterやFacebookなどのSNSに写真を投稿する前に、位置情報を削除することにより、プライバシーを保護することができる。

  • 起動すると写真を選択する画面が表示されるのでタップし、カメラロールから目的の画像を選ぶ

 使い方は簡単で、まずはアプリを起動してカメラロール内の写真を選択する。位置情報が存在していれば撮影場所が地図上に表示されるので、下段の「Remove Geotag」をタップすれば位置情報が削除される。同時に地図の表示も消えるので、位置情報がなくなったことがその場で確認できるというわけだ。

 同種のアプリとしては「Koredoko」が有名だが、位置情報をもとに地図上に写真を表示するビューア用途に主眼が置かれている「Koredoko」に対し、本アプリは起動してすぐに位置情報を削除したい写真を選ぶという流れになっており、位置情報削除のためのアプリという位置づけが明確になっている。

  • 写真を選ぶと位置情報をもとに撮影場所が表示される。位置情報を削除する場合は下段の「Remove Geotag」をタップする

 もちろん、カメラロールの写真を1枚ずつ読み込みながら位置情報を地図上でチェックしていくこともできるので、どちらの機能が前面に来ているかの違いだけで、機能的にはそれほど極端な違いはない。位置情報以外のExifデータを参照することも可能なほか、位置情報を削除した写真をすぐさまメールに添付して送る機能も備えている。

 唯一気をつけるべきなのは、位置情報を編集する機能がないことだ。位置情報を削除することはできるものの、もともとあった位置情報を別の座標に書き換えたり、位置情報のない写真にまったく新しい位置情報を付与することはできない。位置情報を削除するのが目的であればKoredokoよりも直感的に使えるので、位置情報の編集機能は不要でとにかく手軽に削除さえできればよいというユーザーは、試してみるとよいだろう。

  • 位置情報が削除された。この時点で新規画像としてカメラロールに保存されている

  • Exifに残っている情報を確認することもできる

  • 右上のボタンから写真を添付したメールを送ることができる。TwitterやFacebookとの共有機能はない

>>GeoGoneのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加