Foxconn、ペンシルバニア州に新工場建設へ

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月25日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple製品の製造で知られている台湾のFoxconnが、米国内での新たな操業に向けて準備を進めている。

 同社は米国時間11月21日、ペンシルバニア州ハリスバーグに建設する製造施設に2年間で3000万ドルを投資すると発表した。また、Foxconnは今回の投資の一環として、カーネギーメロン大学での研究開発にも1000万ドルを投じるという。

 この投資についてはBloombergが先に報じていた。

 Foxconn会長の郭台銘氏によると、ペンシルバニア州のこの施設により500人の雇用が創出されるという。なおこの地域には既に、30人の従業員を抱える同社の工場がある。

 同社は数カ月前から、米国での投資を増やす計画について語っていた。郭氏はこの件についての声明のなかで、今回の投資が米国の製造分野で起こっている「復興機運」を反映したものだと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加