logo

インテル、「Android」向け64ビット「Atom」プロセッサをデモ

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年11月23日 10時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「A7」プロセッサは、2014年に登場するIntelの「Android」向け64ビットプロセッサによって、いささかのプレッシャーを感じることになるだろう。

 Intelのモバイルおよび通信部門でゼネラルマネージャーを務めるHermann Eul氏は米国時間11月21日、64ビット「Bay Trail」の「Atom」プラットフォームをAndroid向けにリリースする準備を進めていることを投資家向けカンファレンスで明らかにした。

 「これは64ビット版『Windows』だけではなく、Androidについての話でもある」とEul氏は語った。

 その後、スタッフが演壇で「Androidを使用してBay Trail上で動作する64ビットカーネルの史上初のデモ」を開始した。

 Eul氏は続けて次のように述べた。「64ビット版Windows向けの出荷は次の四半期だ。そして、言うまでもないことだが、Androidでもこれが実現するよう早急に取り組むつもりだ」

 IntelのBay Trailプロセッサは64ビットで、Dell、Hewlett-Packard(HP)、Lenovoのタブレットおよび2-in-1デバイスでの採用が増えているが、「Windows 8.1」にも32ビットモードで使われている。この状況が是正されるのは、Bay Trail搭載タブレットが完全な64ビット版Windows8.1モードで動作する2014年のことになる。

 一方、スマートフォンやタブレットに搭載されているAndroidは、今のところ32ビット版だ。

 Appleが9月に64ビットのA7プロセッサを発表したときには、大きな話題となった。A7チップは現在、「iPhone 5s」「iPad Air」および「Retina」ディスプレイ搭載の「iPad mini」に採用されている。

Intelのモバイルおよび通信部門でゼネラルマネージャーを務めるHermann Eul氏が米国時間11月21日に示した資料
Intelのモバイルおよび通信部門でゼネラルマネージャーを務めるHermann Eul氏が米国時間11月21日に示した資料
提供:Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集