「Xbox One SmartGlass」アプリ、米国でリリース--Xbox Oneと多様に連携

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月21日 08時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Xbox One」を購入しようとしている米国のユーザーは、そのコンパニオンアプリである「SmartGlass」を自分の携帯端末にダウンロードできるようになった。

 米国時間11月19日に「iOS」「Android」「Windows 8/8.1」「Windows Phone」向けに同国でリリース(またはアップデート)された「Xbox One SmartGlass」は、Xbox Oneといくつかの異なる方法で連携する。同アプリをXbox Oneの遠隔制御デバイスとして使用し、ダッシュボードを閲覧して、ゲームをしたり、さまざまなアプリケーションを起動したりすることができる。また、Xbox Oneプレーヤーは同アプリを使用することにより、自分の携帯端末でウェブ関連のゲーム機能を実行することができる。

 Xbox One SmartGlassは第2の画面としても動作可能で、ゲーム機上のアクションを表示したり補足したりすることができる。同アプリを使用することによって、Xbox One上でプレイするゲームの検索と選択、ゲームアチーブメントの追跡、ゲームに対する支援の取得、ゲーム動画の視聴、友人とのチャットも可能だ。

 「Xbox 360」を所有するユーザーも取り残されたと感じる必要はない。Microsoftは、「Xbox 360 SmartGlass」アプリも提供している。

 Xbox Oneは500ドルで、11月22日に米国などで発売される予定だ。


提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加