logo

セールスフォース、新プラットフォーム「Salesforce 1」をリリース

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年11月19日 12時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは米国時間11月18日、新プラットフォーム「Salesforce 1」をリリースした。これには、同社のアプリケーションが古くさくなることを防ぎ、将来的に顧客関係を「モノのインターネット」およびウェアラブルコンピューティングと結びつけられるようにする狙いがある。

 Salesforce 1については、Salesforceの最高経営責任者(CEO)を務めるMarc Benioff氏がユーザーイベントDreamforceで19日に概要をさらに述べる予定だが、要約すると以下のようなものだ。

  • Salesforceは各要素の統合方法に関する説明を作成する。
  • Salesforceはプラットフォーム上に次世代アプリケーションを構築できる。
  • モバイルアプリケーションが既存のSalesforceサービスに統合される。
  • 独立系ソフトウェアベンダー16社がすでにSalesforce 1向けアプリケーションをリリースし、さらに125社が近日中にリリースする中で、Salesforceはクラウドを軸にしたさらに強力なエコシステムの構築を目指す。

 顧客は、スタックの一部またはバンドル全体を購入できる。現在の顧客はいずれも、Saleforce 1プラットフォームを利用できる。

 Saleforce 1プラットフォームでひときわ興味深いものの1つは、一連のAPIだ。Salesforceは、これらのAPIにより、Salesforce 1がモノのインターネットで活用されることを期待している。2020年までには500億のモノがインターネットにつながると予測されており、センサがすべてを追跡する。

 Salesforceの主張はこうだ。センサを搭載したすべてのモノの向こうに顧客がいる。顧客とモノのインターネットとのつながりに関しては、さまざまなユースケースが考えられる。たとえば、PhilipsのMRI装置が、センサデータを利用して機械に問題が生じたことを示すと、こうした問題を自動的に、Salesforceのサービスクラウドに送るといった使い方だ。


 Salesforceのコーポレートメッセージング担当責任者のAl Falcione氏は、「ワークフローがSalesforceに統合される。ここで重要なのは、ユースケースがまったく異なったものになるということだ。Salesforce 1は、フレキシブルにモノを結びつけて販売やサービス、マーケティングを変える手段だ」と語る。

 突き詰めれば、モノのインターネットとデバイスを使う生身の人間とを結びつけるツールは現時点で不明だが、こうした概念は説得力がある。

 Salesforce 1に関する概要では、以下の点も重要だ。

  • APIとサービスが10倍に増える。
  • 独立系ソフトウェアベンダーは、「AppExchange」上で次世代アプリの開発、マーケティングおよび販売ができる。
  • 既存のSalesforceアプリケーションは、Salesforce 1でも利用できる。
  • CRM管理者向けの「Salesforce 1 Admin App」がある。
  • Salesforce 1には「iOS」版および「Android」版のモバイルアプリケーションもあり、各企業が運営するカスタムアプリケーションを含むSalesforceの全ツールを統合する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集