アップル、「iBeacon」送信機を米国のApple Storeに設置か

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月18日 10時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一部報道によると、Appleはショッピング体験に過去の体験をより色濃く反映させる「iBeacon」システムの実装を開始しているという。

 iBeaconはサプライズとして「iOS 7」にこっそりと搭載された。それは未来を暗示していた。

 そして、筆者の同僚のRoger Cheng記者が体験したように、米メジャーリーグベースボール(MLB)はNew York Metsの本拠地球場であるシティフィールドで既にiBeaconのテストを行っている。そこでは、体験を改善する必要性が確かに存在している。

 9to5Macの報道によると、今回、通常はゆったりした間隔で製品が並べられるApple Storeの陳列台にiBeacon送信機が設置されるという。

 送信機は買い物客の「iPhone」に接続し、例えば、買い物客が「iPad mini」を見ているときに興味深いメッセージを送信する、といったことを最低でも行うだろう。

 これらのメッセージは、より詳細な製品情報やワークショップへの招待状を提供するかもしれない。

 そうしたテクノロジは、常に侵入と甘言の間の微妙な位置に立っている。パーソナライズされているように思えるメッセージを受け取るたびに、買い物客は企業が自分に関して保持している情報がますます増えていると感じるだろう。

提供:Roger Cheng/CNET
シティフィールドへと続く通路の前のゲート入り口に近づくと表示されるあいさつのメッセージ
提供:Roger Cheng/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加