logo

グーグル「Glass Explorer」プログラム、誰でも応募可能に

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月13日 10時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Glass」は、開発者や有名人、最上流のアーリーアダプターではない一般の人々でも手に入れられるものに徐々になりつつある。

 Googleは今週、新しい応募フォームをオンラインにひっそりと設置し、誰でも「Glass Explorer」プログラムの順番待ちに自分を登録できるようにした。Explorerプログラムはこれまで、1500ドルを支払ってGoogle Glassのベータ版を入手できる特権を一部の開発者やコンテスト勝者、VIPだけに与えてきた。10月、プログラム参加者は、Glassを購入したい友達を3人まで招待できるようになった。

 順番待ち名簿に登録したい人は、Googleのフォームに必要事項を入力するとよい。


始まったばかりのGoogle Glassによる写真芸術に参加するため、誰でも順番待ちに入れるようになった。
提供:Video screenshot by Eric Mack/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]