logo

ソニービルで星空とハイレゾ音源がコラボ--「サウンド・プラネタリウム」がスタート - 2/9

加納恵 (編集部)2013年11月13日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 会場になるのは8階のコミュニケーションゾーン「OPUS(オーパス)」。約30人ほどが座れるスペースが設けられている。通常は前方にスクリーンが設置されているが、今回は光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR」を設置し、会場の天井や半円形になっている壁一面に星空が映し出される仕掛け。
Scroll Right Scroll Left

 会場になるのは8階のコミュニケーションゾーン「OPUS(オーパス)」。約30人ほどが座れるスペースが設けられている。通常は前方にスクリーンが設置されているが、今回は光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR」を設置し、会場の天井や半円形になっている壁一面に星空が映し出される仕掛け。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]