logo

LINE、ゲーム好調で3Q売上高は191億円--前四半期比48%増

藤井涼 (編集部)2013年11月07日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは11月7日、2013年7~9月期(第3四半期)の業績を発表した。子会社のLINE PLUS、LINE Business Partners、データホテルを加えた連結売上高は前四半期比48.0%増の191億円となった。

  • 2013年7~9月期のLINE事業の業績

 また同四半期から基幹事業であるLINE事業の売上高をグロス計上(総額表示)から、ネット計上(純額表示)に変更。GoogleやAppleなどのアプリストアに支払う30%の決済手数料を除いた金額のうち、開発会社との契約に基づいてLINEが受け取る金額だけを売上として計上する。

 ネット計上でのLINEの売上高は99億円となり、従来のグロス計上で換算した場合は156億円(前四半期比58.3%増)となる。売上構成比は、ゲーム課金が約60%、スタンプ課金が約20%で、そのほか公式アカウントやスポンサードスタンプなどとなる。なお、ネット計上対象サービスは「LINE GAME」と「LINE マンガ」のみで、売上計上方式の変更による損益への影響はないとしている。

 LINEは現在、世界2億8000万人のユーザーに利用されており、直近ではプロモーションを強化したインドで1000万ユーザーを突破。また中南米やトルコ、イタリアなどで新規ユーザーが増加しているという。LINE GAMEについては、現在39タイトルを展開しており、今秋よりフィンランドなど欧州のデベロッパとも連携していくとしている。

-PR-企画特集