「Google検索」の「iOS」版がアップデート--ハンズフリー音声検索に対応

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2013年11月06日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS」版の「Google Search(Google検索)」アプリがようやく、「Android」版に追いついたようだ。

 米国時間11月5日にリリースされたiOS向けGoogle検索アプリのバージョン3.1は、「Google Now」をアップデートしており、通知やリマインダーなどパーソナライズされた情報を知らせる。

 今回の改善でひときわ目立つのは、ハンズフリーの音声検索だ。ユーザーは、検索アプリを立ち上げて「OK Google」と言ってから、検索語を話すだけで、検索を実行できる。これを受けて「iPhone」や「iPad」は、うまくいけば適切な回答を文字や音声で返してくる。このハンズフリー音声検索には「iPhone 4S」以降が必要だ。

提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET
提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

 Google Nowの通知機能は、Google検索アプリを開かなくてもユーザーに特定の項目を通知できる。ユーザーは、約束やタスクに加え、ニュース項目などについても知らせるようGoogleに頼むことが可能だ。Google Nowはまた、iOSユーザーに対し、映画やコンサートのチケット、搭乗券、予約の確認、その他の情報を表示する新しいカードを提供する。

 さらに、Googleはアプリ全体を強化している。検索ページはよりシンプルになった。ユーザーはジェスチャー操作を利用し、パネルを拡大したり削除したりできる。また、1度ログインすれば他のGoogleアプリもすべて使えるようになった。

 Google検索アプリはiPhone、iPad、「iPod touch」に対応している。OSは「iOS 6.0」以降が必要だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加