logo

日本上陸から約2年、Huluが築いたシンプルでわかりやすいVOD--日本代表マリーニ氏に聞く

加納恵 (編集部)2013年11月06日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フールージャパンは11月1日、TBSオンデマンドの作品提供を開始した。豊富な海外コンテンツをラインアップする一方で、着実に日本のローカルコンテンツを充実させているHulu。競合他社が続々と増えてくるビデオオンデマンド(VOD)市場で、同社のコンテンツ、価格、対応ハードウェアなどの戦略を、日本代表マネージング ディレクターのBuddy Marini(バディ・マリーニ)氏に聞いた。

TBSオンデマンドとの提携は今後の大きなマイルストーン

  • フールージャパン 日本代表マネージング ディレクターのBuddy Marini氏

--11月1日にTBSオンデマンドとの提携を発表されました。この提携がどんな効果をもたらすとお考えですか。

 Huluは、2011年の9月に日本でのサービスを開始しました。約2年サービスを実施してきましたが、その間ローカルコンテンツを増やすことは大きな目標でした。今回のTBSオンデマンドとの提携は、今までにない規模感のコンテンツ提供で、今後事業を展開する上でも大きなマイルストーンになると感じています。

 この2年間を振り返ると、業界全体のVODに対する理解が深まったと感じます。コンテンツホルダの方にとっても、VODは今やコンテンツに対するタッチポイントの一つだと認識されてきました。Huluで視聴できるコンテンツは新しいものだけではなく、昔のものもたくさんあります。以前はテレビで放送していなかったり、レンタル店に置いていないコンテンツは見ることができませんでしたが、そうした作品が見つかるチャンスがあるのがVODです。見たくても見れなかったコンテンツも含めて、作品と巡り合える場がVODであると、そういう理解が得られた2年間だったと思います。

  • 11月1日からTBSオンデマンドの配信作品の提供を開始した。「SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」(C)TBS

--TBSオンデマンドに限らず、東映アニメ東宝と提携発表が相次いでいますが、コンテンツの増加は想定どおりですか。

 日本のローカルコンテンツを増やすことは最も力を入れて取り組んでいる仕事です。常に増やすことを考えていますし、努力もしています。ですから想定どおりというよりも、今まで取り組んできたことがここ最近数多く実を結んだというのが正しいかもしれません。日本のコンテンツはクオリティも高いですし、Huluの中でもかなりよいパフォーマンスを出していますから、これからも増やしていきたいです。

 ただ、コンテンツをご提供いただく際に、一つ感じているのが、ユーザーの皆様の反応なんですね。Huluを視聴している時にツイートしてくださったり、Huluを話題にしていただいたりしているのが、コンテンツホルダの方々にも伝わっていて、これがHuluの後押しになっています。

-PR-企画特集