logo

「Google+」、写真機能を強化--「Hangout」も改良

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月30日 07時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Googleのソーシャルネットワークは同社が望む起爆力に欠けているかもしれない。特に今、Facebookが上場を済ませ、Twitterもまもなく上場しようとしていることを考えると、そう感じられる。しかし「Google+」は、一部の機能において安定した基盤を築いている。

 特にアマチュア写真家は同サービスを愛用しており、Googleは米国時間10月29日、一連の写真撮影ツールを追加してこれらのユーザーに対する訴求力を高めた。

 同社は、当地にある倉庫NWBLKに報道陣と参加者らを集めたが、その倉庫は、Google+ユーザーらが撮影した鮮やかな写真が壁に展示され、ギャラリーと化していた。

 Googleのエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めるVic Gundotra氏は、「われわれは現在、手軽な共有のためのサービスを構築している」と述べた。そのサービスは「写真撮影の分野に革命をもたらす」と同氏は付け加えた。

 新機能には、ユーザーが大量の写真をより簡単に検索し、写真ファイルをよりうまくバックアップできるようにする新しいアルゴリズムが含まれる。「Snapseed」アプリでは、暗い場所で撮影された写真を自動的に修正し明るくするHDRフィルタを追加することができる。また同社は、同社の写真編集機能のライブビデオ版である「Auto Awesome Movie」も導入した。これによってユーザーは、動画クリップをつなぎ合わせて簡単な映画を制作することができる。同ソフトウェアは、BGMとフィルタを追加する。また、「Hangout」機能も改良されており、場所の共有やアニメーションGIFのサポートといった機能が追加された。

 Gundotra氏は、Google+に3億人の「インストリーム」ユーザーがいることと、同サービスに毎週15億枚の写真がアップロードされることも発表した。インストリームユーザーとは、メインのニュースページやフィードを頻繁に参照するユーザーのことである。

グーグルは米国時間10月29日、同社ソーシャルネットワーク「Google+」向けに写真機能の強化を発表した。
グーグルは米国時間10月29日、同社ソーシャルネットワーク「Google+」向けに写真機能の強化を発表した。
提供:Richard Nieva/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集