光学10.7倍全域でF2.8の撮影ができるオリンパス「OLYMPUS STYLUS 1」

坂本純子 (編集部)2013年10月29日 19時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスイメージングは10月29日、コンパクトカメラ「OLYMPUS STYLUS 1(スタイラス ワン)」を11月下旬に発売すると発表した。市場想定価格は7万円前後。

オリンパス「OLYMPUS STYLUS 1」
オリンパス「OLYMPUS STYLUS 1」

 手のひらサイズ(高さ87mm×幅116.2mm×奥行き56.5mm)の小型・薄型ボディながら、光学10.7倍(28mm-300mm)全域でF2.8の大口径高性能「i.ZUIKO DIGITAL」レンズを搭載した。

 レンズは10群12枚のレンズ構成で、非球面レンズは9面に及ぶ。これによりズーム全域で各種の収差を効果的に補正しながら、沈胴時に奥行き52mm(本体のみ)のボディに収まるコンパクト化を実現したとしている。

 また、ミラーレス一眼「OM-D E-M5」と同等のEVFを内蔵。144万ドットの高精細な液晶だ。レスポンスが速く、表示タイムラグが短いため、ストレスのないファインダ撮影が行える。アイセンサ機能により、ファインダを覗くだけで背面液晶表示からビューファインダ表示に自動で切り替わる。

 さらにWi-Fiも内蔵しており、一眼並みの画質と機能を小型・薄型のボディに凝縮したとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加