logo

「iPhone」1.5億台、「iPad」7100万台--数字で見るアップルの2013会計年度

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月29日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleにとっての1年がまた終わった。

 同社が12カ月のカレンダーを2カ月縮める方法を発見したわけではない。Appleの会計年度の締めは9月であり、同社はこのほど通期決算を発表した。

 Appleの第4四半期の売上高は375億ドル、利益は75億ドルで、またしても「iPhone」がけん引した。

 Appleの通期決算に関する数字は以下の通り。

  • 1709億ドルの売上高。
  • 370億ドルの利益。
  • 1億5020万台のiPhoneを販売(2012年度は1億2500万台)。
  • 7110万台のiPadを販売(同5831万台)。
  • 1650万台の「Mac」を販売(同1815万台)
  • 2640万台の「iPod」を販売(同3516万台)
  • 160億ドルの売上高を「iTunes」事業から獲得。
  • 4億人を超える人がAppleの小売店を訪問。
  • 49店の新規店舗や改装店舗。
  • 5000万ドルの1店舗あたり平均売上高。
  • 15件の「戦略的買収」。この数字は最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏が同社の決算に関する電話会見で触れたものである。

Appleの2013会計年度
提供:Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集