ヤマハ、こだわりの質感と心地良い音を実現したクロックオーディオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月24日、デスクトップオーディオシステム「TSX-B72」を発表した。12月上旬に発売する。市場想定価格は2万円前後。

 TSX-B72は、高さ110mm×幅210mm×奥行き144mm、重量1.4kgで、ベッドサイドにも置きやすい、コンパクトサイズのFM/AMラジオ対応クロックオーディオ。ホワイト、ダークレッド、ダークグリーンの3色を用意している。

 フロントパネルには大きなデジタル時刻表示を装備。「インテリアラーム」機能により、ビープ音が鳴る設定時間3分前から、あらかじめ選局していたラジオが小音量で流れ、徐々に音量が大きくなる仕組みだ。

 Bluetooth入力に対応し、スマートフォンやタブレットの音楽コンテンツをワイヤレス再生することができる。「かんたんペアリング」機能を搭載し、NFC対応のスマートフォンなどを本体にかざすだけで、Bluetooth接続が完了する。

 専用コントロールアプリ「DTA CONTROLLER」を利用すれば、スマートフォンやタブレットから、音量・音質調整や入力切り替え等のリモコン操作、アラームのスケジュール設定などが可能だ。

  • 「TSX-B72」ダークレッド

  • ホワイト

  • ダークグリーン

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加