写真で見る「C-17 Globemaster III」--生産終了が決まった米空軍大型輸送機

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年10月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 就役から20年が経過し、米空軍の大型航空機「C-17 Globemaster III」は限界に達したようだ。

 C-17の製造元であるBoeingは9月上旬、223機目にして最後のGlobemaster IIIを米空軍に出荷した。上の写真は、カリフォルニア州ロングビーチにあるBoeingの施設で同機がフライトラインに入ったところである。それでも当面の間は、大容量の貨物輸送機部隊として、Globemaster IIIは軍事と人道支援両方の任務を果たし続けていくだろう。

 米空軍との契約上の義務は満了となったが、BoeingはC-17航空機の製造を終えてはいない。全世界の他の顧客に向けて、さらに22機のGlobemaster IIIを製造することになっているからだ。とは言え、その終わりが近づいていることは確かである(もちろん、サポートや改修はまだ継続される)。Boeingは米国時間9月18日、C-17の生産を2015年に終了すると発表している。
Scroll Right Scroll Left

 就役から20年が経過し、米空軍の大型航空機「C-17 Globemaster III」は限界に達したようだ。

 C-17の製造元であるBoeingは9月上旬、223機目にして最後のGlobemaster IIIを米空軍に出荷した。上の写真は、カリフォルニア州ロングビーチにあるBoeingの施設で同機がフライトラインに入ったところである。それでも当面の間は、大容量の貨物輸送機部隊として、Globemaster IIIは軍事と人道支援両方の任務を果たし続けていくだろう。

 米空軍との契約上の義務は満了となったが、BoeingはC-17航空機の製造を終えてはいない。全世界の他の顧客に向けて、さらに22機のGlobemaster IIIを製造することになっているからだ。とは言え、その終わりが近づいていることは確かである(もちろん、サポートや改修はまだ継続される)。Boeingは米国時間9月18日、C-17の生産を2015年に終了すると発表している。

提供: U.S. Air Force

  • このエントリーをはてなブックマークに追加