アップル、「iOS 7.0.3」をリリース

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2013年10月23日 10時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「iPhone」「iPad」向けに「iOS 7.0.3」の提供を開始した。

 「iOS 7.0.3」は、先ごろリリースした「iOS 7」のアップデートで、以下のような多くのバグ修正と改良を施している。

  • 承認済みのデバイス間でアカウント名、パスワード、クレジットカード番号を共有するための「iCloud Keychain」を追加
  • オンラインアカウント用に「Safari」から推測困難な独自のパスワードを提案可能にする「Password Generator」を追加
  • 「Touch ID」が使用中のとき「スライドでロック解除」の表示を遅らせるようロック画面をアップデート
  • 「Spotlight」検索からウェブや「Wikipedia」を検索できる機能を再度追加
  • 一部のユーザーで「iMessage」から送信できない問題を修正
  • iMessageのアクティベートを阻害する可能性があったバグを修正
  • 「iWork」アプリ使用中のシステムの安定性を改善
  • 加速度センサーの調整における問題を修正
  • 「Siri」と「VoiceOver」で低品質の音声が使用される問題に対処
  • 他人にロック画面のパスコード回避を許してしまう問題を修正
  • 動作とアニメーションの両方を最小化できるよう「視差効果を減らす」設定を拡張
  • VoiceOverの入力感度が高くなりすぎる問題を修正
  • ダイヤルパッドのテキストも変更できるように「文字を太くする」設定をアップデート
  • ソフトウェアアップデート中に監視対象デバイスが監視されなくなる問題を修正

 このアップデートは、「Settings」アプリを介した無線(OTA:Over-The-Air)アップデートか、「iTunes」を通じて入手できる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加