logo

1.6型液晶、防水、NFC搭載でより便利に--Xperia用スマートウォッチ「SmartWatch 2」

坂本純子 (編集部)2013年10月17日 11時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーモバイルコミュニケーションズジャパンは10月17日、スマートフォンXperiaと連携して、電話着信やメール、SMSの更新情報などをリアルタイムで確認できる「SmartWatch 2 SW2」を10月25日に発売すると発表した。ソニーモバイルの直販サイト「Xperia Store」にて午前10時から発売する。価格は1万4800円。

 「SmartWatch 2『SW2』」
「SmartWatch 2『SW2』」

 SmartWatch 2 SW2は、2012年4月に日本で発売された「SmartWatch MN2」の後継モデルだ。新たにNFCに対応し、簡単にペアリングができるようになった。また、より大型の約1.6インチディスプレイ、IPX7相当の防水性能、IP5X相当の防塵性能を備え、単独で時計としても使用できる。対応するのは、Android 4.0以降のXperiaシリーズ。

カラーバリエーションは5種類
カラーバリエーションは5種類

 具体的には、電話着信やメール、SMSの更新情報をリアルタイムで確認できるほか、音楽再生、事前設定した文章のSMSでの返信、Twitterでリツイートをするなど、簡単な情報を発信できる。

 大型化したディスプレイには、一度に6個のアイコンを表示する。ディスプレイをタッチしたりスライドしたりして情報を確認できる。またGoogle Playから対応するアプリケーションをインストールし、さまざまな機能を追加できるとしている。

笑顔を検出して自動撮影--Xperia専用のフォトスタンドも

「IPT-DS10M」
「IPT-DS10M」

 このほか、Xperiaと組み合わせて使用するアクセサリ、スマートイメージングスタンド「IPT-DS10M」も10月25日に発売する。価格は1万1800円。

 Xperiaの顔検出機能によって、被写体の顔を認識すると、被写体を追って回転したり角度を調節したりし、笑顔を検出すると撮影する。動画撮影にも対応する。パーティなどでテーブルに置いておきけば、被写体は撮影されることを意識せずに、自然な笑顔を撮影できる。

 IPT-DS10Mの対応機種は、Xperia Z、Xperia A、Xperia UL、Xperia Z1、Xperia Z1 fの5機種。

 Xperia購入者向けに、通常よりも安価に購入できるキャンペーンも10月25日~12月25日まで開催する。

-PR-企画特集