ソニー、ハイエンドコンデジ「RX」シリーズに200mmの高倍率ズームモデル

加納恵 (編集部)2013年10月16日 18時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは10月16日、「Cyber-shot」シリーズにハイエンドコンパクトデジタルカメラ「DSC-RX10」を発表した。200mmの望遠撮影が可能な高倍率ズームを備え、1.0型の大型センサを搭載する。発売は11月15日。店頭想定価格は13万円前後になる。

 ソニーでは、フルサイズや1.0型など大型のExmor R CMOSセンサを搭載したハイエンドコンパクトデジカメを「RX」シリーズとして販売。RX10は有効約2020万画素の1.0型Exmor R CMOSセンサと24~200mmのハイズームを組み合わせた新モデルとして展開する。

  • 「DSC-RX10」

  • 24~200mmの高倍率ズームを内蔵

  • 3.0型の液晶モニタはチルト機構付き

 レンズには24~200mmでF2.8のカールツァイス製のバリオ・ゾナーT*レンズを採用。高度非球面レンズ「AAレンズ」を含む、計7枚の非球面レンズを内蔵することで、周辺部までクリアな描写を実現するとしている。一眼カメラのボディ内蔵手ブレ補正用モータとして使用されていた「Direct Drive SSM」をレンズ用に搭載することで、フォーカスレンズの駆動距離を短縮。高速なAF動作が可能になった。

 画像処理エンジンには、従来比約3倍の高速処理性能を実現する「BIONZ X」を搭載。マグネシウム合金を使用した、防塵、防滴設計のタフネスボディで、重量約755g(本体のみ)を実現する。有機ELファインダを設け、3.0型のチルト可動式液晶モニタを搭載する。Wi-Fi、NFC対応で、スマートフォンなどとの連携も可能。フルHD動画撮影ができるほか、4K静止画出力も備える。

 サイズは高さ88.1mm×幅129.0mm×奥行き102.2mm。RX10専用のジャケットケース「LCJ-RXE」(価格:1万1025円)も同時発売される。

  • 搭載されている1.0型のExmor R CMOSセンサ(左)と一般的なコンパクトデジカメに採用されている1/2.3型タイプのサイズ比較

  • 「DSC-RX10」の分解図

  • 「Direct Drive SSM」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加